サンカノゴイ-印旛沼 2018年

2018年3月12日(月)。印西市北印旛沼。
越冬したのか、渡って来たのかわかりませんが、葦原でサンガノゴイが。ごそごそ動いたので見つかりました。
枯れた葦の色と同じで動かなかったら見つかりません。
画像

画像

画像

今年も土手の遊歩・サイクリング道路にタヌキのふんが見られます。
最近はタヌキやイタチをとても見かけるようになりました。
震災以降、土手と葦原の間にあった水路もふさがれて、タヌキもイタチも葦原に自由に出入りできます。
残念ながら、今年もサンカノゴイの巣は襲われて、繁殖、子育ては難しそうです。

"サンカノゴイ-印旛沼 2018年" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント