印旛沼の野鳥―サンカノゴイ

2015年3月1日(日)この日は運よく、印旛沼のサイクリング遊歩道の土手から、葦原を移動するサンカノゴイが見られました。以前から鳴き声が聞こえるときがありましたが、姿は見えませんでした。環境省のRedDataBook2014 2鳥類の中で、EN(絶滅危惧IB類)に掲載されている、近い将来における野生での絶滅の危険性が高い野鳥です。人の通る印旛沼のサイクリング遊歩道から、まれに見られます。印旛沼のあまり広くない葦原、6月ごろの繁殖期に餌場となる沼近くの稲作水田、農業用水路等、生息地の保全と種の保護が望まれます。枯草と同じ色の保護色で、普段草の間にいる時は全く見えません。
画像
画像
画像
画像
毎年、6月ごろになると、土手の上からサンカノゴイが飛ぶのが見られます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック